海外の育毛トレンドナビ

国内で薄毛治療薬としてみとめられているミノキシジルやプロペシアの国外入手方法やその他の育毛成分の海外情報を更新します。

個人輸入で手に入れることのできる治療薬~プロペシアとは

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられる医薬品です。

プロペシアの有効成分はフィナステリドというものです。

f:id:kodachan:20160628114424j:plain


男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンの働きによって薄毛、脱毛症が引き起こされる男性特有のものです。
テストステロンは5αリダクターゼという酵素によって活性型のジヒドロテストステロンに変換され、これが毛根細胞内のアンドロゲン受容体と結合し、男性型脱毛症を引き起こします。

プロペシアはこの5αリダクターゼによるテストステロン活性化反応を抑制することによって男性型脱毛症を改善、予防していく薬です。

フィナステリドはステロイドの一種

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは化学構造中にステロイド骨格という構造を有しています。
このステロイド骨格は男性型脱毛症の原因ホルモンであるテストステロンも有している構造です。


このように構造が類似することによって5αリダクターゼはテストステロンと勘違いしてフィナステリドと結合してしまいます。
これによってテストステロンが5αリダクターゼによる活性化反応を受けることができなくなってしまうのです。
またフィナステリドと同様に5αリダクターゼ阻害作用を持つデュタステリドもステロイド骨格を有した類似構造であり、これもまた男性型脱毛症の治療に使用されることがあります。

副作用は少なめ

プロペシアは比較的副作用の起こりにくい薬ではあります。

しかし副作用が起こることもあります。
その代表例として精液減少、精子減少に伴う不妊です。
実はテストステロンは精液や精子の産生にも深く関わっており、プロペシアによってテ

ストステロンの働きを阻害すると精液や精子の産生量が減少し、結果として不妊を引き起こすことがあります。
よって相手女性が妊娠することを望んでいる場合にはこの薬を使用しない方がいいでしょう。

また高悪性度前立腺がんの発症リスクが上がってしまいます。
これは増殖、転移しやすい前立腺がんができやすくなるということです。
ただし前立腺がんの発症リスク自体は減ることが報告されています。

<

海外から個人輸入が可能

プロペシアにもジェネリック医薬品が存在します。
日本の厚生労働省が認可しているものでは、クラシエ、沢井製薬、ファイザーから販売されているものがあります。

また海外で販売されているものにはフィンペシアやエフペシアといったものがあり、これら個人輸入という形でインターネットを介して入手することが可能となっています。

ジェネリックのメリットは何といっても安価に手に入るということです。
プロペシアを病院や薬局でもらっても保険適用外となるのでお金が沢山かかってしまいますが、ジェネリックの場合は安価に済みます。
特に海外製品を個人輸入する場合には病院や薬局の手数料もかからないため、より安価に入手することができます。

AGAの根本を改善する治療薬

プロペシアのおすすめのポイントは症状の原因を根本的に改善することができるという点です。
男性型脱毛症の場合、トニックや頭皮マッサージなどを施しても体内で起こっている男性ホルモンの影響を排除することができません。
しかしこのプロペシアを服用することで外的要因の改善では症状が良くならなかった場合にも有効となる可能性があります。

もう一つのAGA治療として有名なミノキシジルのポラリス育毛剤と違い、使用方法も飲み薬のため簡単です。

さらにプロペシアは1日1回の服用で済むため、生活習慣にあまり影響を与えることがありません。
男性型脱毛症の治療は少なくとも半年以上は続けなければ効果が出ないことが多いため、このように使用方法が簡単なことも大きなメリットとなります。